夢とうつつを隔てる門

夢かうつつか

一歩門をくぐると、そこには戦国時代のまぼろしが